暮らし

【推理ゲーム】タギロンやってみた!

2人でタギロンやってみた!

今人気があるタギロンというボードゲームを知っているでしょうか。

今回は、2人でタギロンをやってみたので、タギロンについて紹介していきます。

【推理ゲーム】タギロンとは?

タギロンは、簡単にいうと相手が隠し持っている5つの数字を当てていくボードゲームです。

オリジナル版のたぎる論理をリニューアルしたものがタギロンになります。

もともとは2人用のゲームでしたが、3人や4人でも遊べるようになりました。

対象年齢は10歳からで、プレイ時間は15分程度です。

タギロンは数字タイルを隠しながら、質問カードというものを使って、先に数字タイルの数字と色、位置を順番通りに当てられた人が勝つというボードゲームです。

質問カードの中から1枚を選び、順番に質問していきます。

質問の答えから相手の数字を予測して、答えを当てるというと難しそうですが、子供でも楽しめるゲームです。

タギロンに入っているもの

・ついたて4枚
・質問カード21枚
・ 数字タイル20枚(0~4、6〜9各2枚)
数字タイルは5だけ黄色でそれ以外は赤と青です。

 

タギロンのルール

タギロンのルールを紹介していきます。

ゲーム前の準備

まずは、数字タイルを5枚取り全て裏向きにしましょう。

他の数字タイルは必要ないので、よけておきます。数字タイルをルール通りに並べ替えましょう。

ルールは、数字の小さい順に左から並べます。同じ数字なら赤が左で青が右です。

次は質問カード6枚を並べたらゲームを始められます。

2人用のルール

まずは6枚の質問カードから1枚を選んで、カードに書かれている質問を相手にしましょう。

質問された方は正直に答えて、同じように相手に質問します。

相手が答えた内容をメモしておくと、忘れたり混乱したりすることがないのでオススメです。

相手の数字タイルの数字や色、位置がわかったら、自分の質問する順番になった時に「宣言します」と答えましょう。

その時は、数字タイルの小さい数字順から答えてください。相手が答えて正解した場合は、自分も1度だけ答えられます。

もし正解できれば引き分けですが、答えを間違えれば相手の勝ちになります。

3人プレイと4人プレイはルールが違います!

タギロンを旦那さんとプレイしたら楽しすぎて3時間ぐらい遊んでいました!負けたら罰ゲームをすると楽しくなりますよ。

質問カードもたくさん種類があり、「共有情報カード」はその場にいる全員が答えなくてはいけません。自分のカードを考えながら質問カードを選ぶのが楽しいです。


まとめ

今回はタギロンというボードゲームについて紹介しましたが、いかがでしたか?

タギロンはいろいろ考えながら数字を当てていくのは面白くハマります。

恋人と一緒にしてもいいですし、子供に教えながら遊ぶのもオススメです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です